Female

自宅での医療ケア

Woman

自宅でチーム医療

在宅療養支援が世田谷区でも提案されはじめており、近辺に内科や外科などの病院が展開されていない地域で利用できる医療テクニックの1つでもあります。24時間体制で往診のみならず、訪問看護までが提案されているだけではなく、自宅でのターミナルケアと呼ばれる終末期ケアまでを求めることが可能です。また、在宅医療を展開する世田谷区においては、医学的管理や処置を必要とする患者に対し、在宅医師や看護師、歯科や薬剤、理学療法などの医療分野でも協力を求め、自宅でもチーム医療に努められ、療養支援を容易に行える体制が強化されています。在宅で療養することにより、不必要な入院がなくなるなど、患者目線、あるいはサポートする家族やパートナー目線で不安の少ない支援を行ってくれます。

難病との向き合い方

近年、世田谷区でもニーズが高まっているのが在宅医療であり、その中でもがん医療が話題性を集めています。難病となるため、医療従事者の実績はもちろん、地域医療のネットワーク性などの取り組みを必要とするのも世田谷区では重要視したい点で、症状もレベルによって多様で、療養するにも長期化するケースが一般的です。専門の医療機関での診療のみならず、その後の継続した地域医療との連携が難病患者を心身的に支えるためには必要となり、在宅医療分野と専門機関との間のネットワークの構築に注意したい内容です。がんなどの難病と向き合う患者が在宅医療を求めているケースは多く、効果的なケア体制を構築しているなど、難病を取り巻く継続した支援やシステムが行えているのか、患者本人あるいは介助側である家族が利用する際、注意したい内容です。